ストレミラインは副作用ってあるの?成分は大丈夫?全成分徹底解析!

ストレミライン全成分

ストレミラインには副作用などの症状が出る可能性はあるのか?危険な成分などは含まれていないのか?成分を徹底的に調査してみましたので参考にしてただければと思います。

 

 

ストレミラインの全成分徹底解析

ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフロウエキス、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサンセチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化カリウム、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質

 

 

グルチルリチン酸2K

これは抗炎症作用のある有効成分ですね。ニキビや色素沈着を改善する化粧品にも良く配合されていますね。しっかり効果が認められているので医薬部外品の有効成分と名乗ることが出来ます。

 

 

水溶性プラセンタエキス

胎盤から作られるプラセンタエキスで、ターンオーバーを改善してたまった角質をきれいにし、肌のツルスベにしてくれます。メラニンの生成を抑制する美白効果があります。

 

 

ストレミラインの全成分の効果解説と副作用チェック
ビサボロール 別名「レボメノール」とも言って、カモミール由来の精油などに含まれている成分で、美白効果があります。メラニンの生成を抑制し、黒ずみやシミ対策にもなるストレミラインの美白効果をサポートしてくれる成分です。低刺激なため、敏感肌の方でも安心して使用できます。副作用はありません。
3-O-エチルアスコルビン酸 VCエチルとも記載されている成分で、厚生労働省に認められている美白効果のある成分です。他のビタミンC誘導体のようにビタミンCの働きによって美白するのではなく直接メラニンの抑制をしてくれる成分ですので美白効果が非常に速いです。危険性も全くありませんので副作用の心配は必要いりません。
米糠抽出物水解液A コメ抽出物加水分解液とも記載される成分で、保湿効果の高い高級な化粧品に良く配合されています。安全な成分で特に副作用などの報告はありません。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム ヒアルロン酸よりもさらに高保湿なヒアルロン酸の事で高保湿によって角質除去や美肌効果に導いてくれます。全く副作用はないでしょう。
加水分解ヒアルロン酸 低分子ヒアルロン酸のことで、超低分子なので肌の角質層まで浸透して細胞の奥までしっかり保湿してくれます。もちろん副作用はありません。
ヒアルロン酸Na-2 1gで6リットルほどの保湿力のあるヒアルロン酸の事ですね。もともと人の体にある成分ですので副作用の出ようがありません。
水溶性コラーゲン液-4 俗にいうコラーゲンの事ですね。保湿力アップのために配合されていて、角質層の水分が外へ逃げないように皮膜をつくる役割があります。もちろん副作用などありません。
ヒメフロウエキス ヒメフロウエキスは美肌成分としても有名で、紫外線など外部刺激による老化現象を抑制する効果があります。トリプターゼという光を浴びることで老化現象を引き起こす酵素の抑制をしてくれるんですね。こちらも特に副作用はありません。
酵母多糖体末 医薬部外品によく配合されていて、保湿効果や肌のハリや弾力をアップさせる働きがあります。特に副作用はありません。
プルーン酵素分解物 抗酸化作用が高く肌の老化を防ぎ、メラニン色素の生成をブロックしてくれるので美肌効果と美白効果があります。副作用は特に報告されていません。
スターフルーツ葉エキス これもストレミラインの注目成分で、肌本来の力を活性化させて保湿作用を促してくれます。副作用などある成分ではありません。
アーティチョークエキス 非常に高い収れん作用によって毛穴を引き締めて肌のきめを細かくしてくれます。毛穴トラブル全般に効果的な成分ですね。もちろん副作用はなく安全な成分です。
セイヨウナシ果汁発酵液 ストレミラインの有用成分で、高い保湿効果とともにターンオーバー改善に力を発揮してくれる天然成分です。副作用は特にありません。
カモミラエキス-1 カモミールのエキス(カミツレエキス)の事で、シミやそばかすを薄くして除去してくれる成分ですね。保湿しながら美白ケアをしてくれる安全性の高い成分です。
ステアロイルフィトスフィンゴシン 成分名をみるとよくわかりませんが、セラミドの事ですね。保湿に有効的な成分ですね。もともと細胞間を満たしてくれている保湿成分で、真皮の一つ外側にある表皮を保湿してくれます。副作用は全く問題ないです。
トレハロース 動物や植物なら自然に生成されている糖質です。食品などにも添加物として配合されていますが、製品の保持のために配合されているだけです。副作用や刺激のあるような成分ではありません。
天然ビタミンE 合成で作り出したのが合成ビタミンEですが、天然ビタミンEは天然の植物や果実由来のビタミンEです。抗酸化作用が高く肌の酸化を防いでくれます。副作用はありません。
エチルヘキサンセチル オクタン酸セチルとも呼ばれ、肌をほぐして柔らかくし、しっとり保湿してくれる美容効果の高い成分です。敏感肌の方でも安心して使えることは実証されており、安心して使えます。
トリメチルグリシン ベタインの事で、高保湿材ですね。保湿クリームや化粧品にも配合されていますね。副作用はありません。
濃グリセリン 普通のグリセリンに比べて不純物が少なく、98%以上の純度でないと名乗れない質の高いグリセリンの事です。保湿効果のために配合されていますが、主に外部刺激から肌を守ってくれる効果があります。副作用なんてありません。
キサンタンガム 食品の添加物にも使用される多糖類の一種です。肌を守る保護膜を作って水分が逃げないように、つまり保湿効果を目的として配合されています。副作用があるような成分ではありません。
ステアリン酸POE(20)ソルビタン 成分が均一に混ざり合うように配合されている乳化剤ですね。刺激のある成分ではありません。

 

 

ストレミラインの全成分解析しても副作用・危険性は全く大丈夫!

ストレミラインの各成分を解析してきましたが、副作用のあるような成分は配合されていません。安心して使用することが出来ますね。肌の弱い方でも使えますので埋没毛が気になる方だけではなく、色素沈着や肌の色がまばら、ガサガサして乾燥しているといった肌が汚いな・・・という悩みのある方であれば美肌になれる!そんな埋没毛クリームがストレミラインですね。

 

 

⇒ストレミラインの口コミレビューはこちら